もみの木に包まれた空気環境が、中にいるものにどのような影響があるのかを実際に果物を使って実験してみました。

<実証>結露・抗菌実験

左:ベニヤフロアー
(ウレタン塗装)
中:もみの木床板
(植物塗装)
右:ナラ無垢材
(ウレタン塗装)
実験開始時:高気密状態の箱に果物を入れてラップ
実験開始時:高気密状態の箱に果物を入れてラップ
45日経過時(ラップ開封前)
保存物からの発生水分による結露
保存物からの発生水分による結露
45日経過時(ラップ開封後)
カビ発生(目視確認)
カビ発生(目視確認)
箱が住宅、果物が人としてご覧ください。もみの木の箱の果物は食べられました。

結論・・・

同じ容器でも、中の素材を変えると明らかな変化が見られました。
いくら優れた建物でも、内装材が変わるだけでこれだけの違いが出るということではないしょうか。

しかしどれでもいいわけではありません >>

もみの木の家

お気軽にお問い合わせください。0982-40-4127受付時間 9:00-19:00 [日曜・第2第4土曜定休]