PFウッド

構造計算も大事ですが、構造計算だけでは意味がありません。折角コストを掛けたからには最大限その効果を発揮させたいですよね。

構造計算が必須のRC造や鉄骨造では、コンクリートや鉄筋、鉄骨などの能力はしっかりと出ます。しかし、木材はそうはいきません。同じサイズの柱でも強度に違いが出てしまうんです。耐力の弱い柱は当然悪いですが強すぎるのも実はよくないんです、強すぎると弱い部分に力が伝わり座屈などの原因となってしまうんです。

長期優良住宅は構造計算が必須です。だから、構造計算通りの耐力の木材の確保が重要になってきます。

イノスの家は『PFウッド』を使用します。この木材は、含水率や強度検査、1本1本目視による節・反り・変色・虫穴など9項目を検査しその厳しい基準に合格した木材です。なんと贅沢なことか。

木材の強度を表すのにヤング係数というものが有るのですが。杉ではE70以上桧ではE90以上、こちらもしっかりと計測されています。木材の強度が保証されてるので、構造計算通りの耐力を有する住宅となる訳です。

只今、記念すべきイノスの家仕様のもみの木の家を建てるべく、見積等に挑んでいるのですが・・・建てる前から更にいい家になるだろうと自分自身で確信しております。こんな経験は今までに無かったので、自分でもちょっと驚きですが。1棟目しっかりと建てて参ります。お施主様からももう既に見学会のご了承を頂けたので、今回は完成見学会はもちろんですが、初の構造見学会も開催してみようと思っております。

家造りは毎回色んな技術の革新を体感出来ます、だから楽しくも気が抜けないんですね。

もみの木ハウス・宮崎(葵住宅)は、家族の健康を守る注文住宅建築のお手伝いをいたします。

宮崎県延岡市を拠点にしています