トイレはアラウーノ一択!

住宅建築にはにはいろんな設備が必要です。キッチン・お風呂・給湯機・エアコン・洗面化粧台などなど、お客様に合わせてその設備を選択するのも設計者の仕事だと私は思っております。お客様にとっては家造りを始めて、初めて出会う商品になりますからね。私が選択し、ショールーム訪問などでしっかりと商品を知って貰ってるんです。

今回はトイレについて書いてみます。アラウーノとはパナソニック製のタンクレストイレの事です。流す度に洗剤と一緒に流すってCMでご存じの方も多いかもしれません。

洗剤入りの洗浄で汚れが付きにくくなってて、日頃のお掃除も楽って商品です。家事が楽になる事はいい事です。ただ、私がアラウーノ一択って訳はそれっではありません。TOTO製やLIXIL製のトイレも、セフィオンテクトなどの技術で汚れは付きにくくなっております。

理由は『スキマレス設計』『アームレスト』秀逸過ぎるって2点になります。

スキマレスとは文字通り、隙間が無いので汚れが入る隙間が無くなります。トイレの隙間の汚れは結構な難敵なんです、便座部分を取り外して清掃する必要があるので面倒です。新製品が出る度に進化してるので、スキマレスの部分が増えて行ってます。お掃除が本当に楽なんです。樹脂製なので出来る構造です。

スキマレスはお掃除する場所を減らしてくれるので、お掃除する場所自体を減らしてくれるので楽さが段違いなんです。

アームレストはトイレ自体に取り付ける手摺の事です。トイレに手すりを付けて欲しいってご要望は良く伺います、ご年齢によっては使いやすい手摺って違うんです。例えば縦1本の手摺は、握力・腕力の弱って来た方にはちょっと使いづらい手摺になるんです。ですのでトイレは横型またはL型の手摺が適切です。

アラウーノの手摺は本体自体に付いてて、身体の近くで支える事になるので立ち上がりが非常に楽になります。難点を言えば最上位機種にしかアームレストは付けれないって事です・・・理想的な手摺なので全機種に取り付け可能にして欲しいものです。

昔のアラウーノは停電時に使えないって問題もありましたが、今は電池で稼働します。タンクレスは水道直結の構造上、水圧の弱い地域では流れが弱い何て事も言われてましたが、ここ数年そんな話も聞かなくなってきたので改善が繰り返されてるのだと思います。気になる方は下にPanasonicのリンクを貼ってますので、ご参照ください。

トイレ | Panasonic

お客様が末永く暮らすお家の設備です、製品をしっかり知ってご提案したいものです。

葵住宅は、家族の健康を守る注文住宅建築のお手伝いをいたします。

宮崎県延岡市を拠点にしています