もみの木は収納用建材としても秀逸!

昨日はコロナワクチン2回目、セカンドインパクトどうなるのだろうか?。副反応が出やすいと聞いてるのでドキドキ。打ちなさいタカシ君!誰かのためじゃない!あなた自身の願いのために!!。接種後帰宅途中に熱が出てると感じ、帰宅後恐る恐る検温したところ平熱・・・。1回目の方が腕の痛さも体温も高かった様な気がしてます、今のところは。

家には様々な収納が存在します。部屋自体が収納のウォークインクローゼット・納戸・パントリー、収納家具の本棚・下足箱・家電収納・着物箪笥などなど実に様々な収納が存在します。

弊社が使うもみの木の内装材には、いつも書いてますが調湿・殺菌・抗菌・消臭・害虫忌避などの効果があります。それでどんな良い効果が得られるのかを本日はご紹介させて頂きたいと思います。

洋服や寝具などはシーズン物も有るので半年以上、収納したままになるものもあります。その為、防虫剤や湿気取りなどを定期的に交換しなければなりません。また、長時間の収納は臭いも気になりませんか。着る前にもう一度お洗濯したり、出してみたらカビや虫食いなどで泣く泣く処分とか。

もみの木は害虫忌避効果で防虫剤は要りません、当然防虫剤の臭いも無いので衣類に臭いがうつる事も無い。消臭効果もあるので、長期収納のあとでも臭いも気になりません。また、調湿効果で袖通しもすこぶる快適です。湿気・臭い・汚れなどの長期保存の悩みが無くなります。

食品を収納するパントリーやキッチン収納。殺菌・抗菌・調湿のお陰で、食品が長持ちします。野菜や果物などがびっくりするくらい衛生的なので長持ちするんですよ。もみの木の家の特徴でもあるんですが、呼吸する建材を選択してるのでそもそも湿気が少ないので食品の大敵である雑菌も少ないんです。昔からあるもみの木の結露実験の写真です。口に入れる物は新鮮で清潔が何よりです。

もみの木の特性を活かした、各種家具を提案しております。炊飯の湿気も問題の無い家電収納。虫の寄らない米櫃、消臭効果でお米が美味しい。キッチン廻りからゴキブリも居なくなります。

その他、下足箱は嫌臭いも無くなり湿気も減るので、履き心地が変わります。本棚にもいい、古文書の保存箱で現代に残っているのはもみの木の保存箱なんですよ。虫もよらず、湿気も取ってくれるって事を昔の人は知ってたみたいです。特に湿気が気になる脱衣室では、もみの木の棚板が湿気を取ってくれるのでいつも快適な使用感。

収納ひとつでこんなに、もみの木のご利益があるんです。クローゼットはもみの木の使用料も多くなるので、オーナー様曰く『家で一番快適な空気環境は収納。』だそうです。家造りを考えてる方がいらっしゃいましたら、是非一度ご体感ください。