風邪引かなくなった♪

寝室をもみの木の家仕様にリフォームしてもうすぐ2年、風邪引いておりません♪。お客様には風邪引く回数が減りますよって説明してたんですが、実感しております。

何故でしょう?。

睡眠の質が向上し熟睡できる事で身体の免疫が上がる。冬場、乾燥する時期もみの木の内装材が室内を加湿してくれるので口が乾かない。ウイルスが殺菌できる、風邪のリスクが減る。

足の裏も寒くは無いので、足からくる寒気なども無くなりました。昔は、寒気からの風邪って事も多かった。夏場は過冷房で体調が悪くなる事もありましたが、夏場はもみの木が湿気を吸ってくれるので扇風機を1時間タイマーで熟睡出来ます。寝具も湿気を帯びないので快適。夏場はたまに、もみの木の床の上に寝て掛け布団ってスタイルで寝たりします。

加齢臭対策と背筋が伸びて以外に良く寝れます。もみの木に触れる事でアルファピネンを直に呼吸で取り込む事も出来ます。アルファピネンとは身体を正常にする成分の事です。もみの木でデトックス♪。床に直で寝るなんて考えられないですよね?私もそうでした。寝たら驚くほど快適・・・超高級マットレス買わなければ良かった・・・

もみの木の家の定義は、床面積の2倍もみの木を使う事により、室内の空気を調湿・殺菌・抗菌・消臭するって事です。室内の綺麗な空気環境は暮らす人を健康にすること間違いなしです。