安い家でいいのだろうか?

今の家賃で買えるって安い住宅を私はおススメしません、何故でしょう?。

安い家は工期も短い、コンクリートの養生や必要な工程を省略してる・・・もしくは知らない可能性もあります。現場監督も業者も知識や技術は決して高くは無いでしょう、安い家しか作ってないから。予算も少ないと業者さんに支払う金額にも無理な値引きをさせたりもします。職人さんも手間のかかる+αの提案などしません。生涯を暮らす家造りには向かない姿勢です。

断熱材の施工も悪く、当然断熱材の性能も低いです。冬は寒く夏は暑い、快適でもなくこれから毎月払っていく光熱費に格段の差が出ます。冬の寒さ、夏の熱帯夜を精神論で乗り切りますか?風邪をひいたり、睡眠の質も悪くなり健康には住まえませんよ。当然医療費もかさみます。

当然ですが、内装材も高級フロアと箱に書いてても、低ランクの商品です。ユニットバスやシステムキッチンの痛みも早いので入替時期も当然早くなります。電化製品の保証は1年程度、1年超えるとすぐに壊れてもおかしくないくらいの商品です。商品の高い住宅設備は造りもしっかりしております、高いのには理由があるんです。

安い建材を集めてさらに安くするためと考える。面積を減らそうって。収納も減り、室内も狭い。安さを求める余り暮らしづらい家が出来上がってしまいます。新築後すぐにリフォームなども最近は聞きます。

家族で暮らしていく家です。必要以上の豪邸を皆さん造りましょうとは言いませんが。生涯コストやメンテナンス、家族のけんこうなどの事も考慮して家は造ってください。ローコスト住宅とは言っても決して安い金額ではありませんので。