ドイツのもみの木を使ってます!

弊社の使ってるもみの木は、ドイツのシュバルツバルトの森で育った樹齢150~500年以上のもみの木です。倒木で森林を傷つける危険性のあるもみの木を選別し伐採しております。

何故わざわざ遠いドイツから輸入してる理由は、もみの木の大きさと寒い地域でゆっくりしっかり育ったもみの木を使う必要があるからです。

もみの木の内装材は調湿効果を最大限に発揮できるよう柾目材としてます。柾目材って贅沢な商品なんです。製材で調湿効果のある柾目材を取るためには長い年月を掛けて育ったもみの木が必要だからです。

一本一本大切に製材してます

ドイツの森林は徹底した管理がされてて、日本の様に伐採するとひと山丸刈りなんて事にはなりません。森林の管理は300年以上前から始まってるそうで、伐採時期になると1本単位で伐採します。森を自然を大切にするってこういうところですね、日本もドイツの森林学を学んだそうですが。何故そうなるって感じですね、ここ数年特に・・・。

ドイツの緯度は北海道より上、寒いって事です。寒い地域では木は大きくなるのに時間が掛かります、逆に高温多湿の地域ではどんどん成長します。すぐ育つのでコストは安いけど、木の品質は悪い。年輪を見ると一目瞭然、年輪の間隔が違います。

暖かい地域の木材は、良く育ちコストは掛からないけど、変形や割れが生じます。寒い地域で育った木は、変形や割れも少ないって事です。

長く暮らす家の内装材には、時間を掛けてゆっくりしっかりと成長したもみの木が必要です。去年見れなかったもみの木の伐採を今年見に行けることとなりました、トレサビリティです(^^♪

平成最後のドイツ研修