ジメジメした梅雨に蒸し暑い夏

去年の夏からようやく・・・やっと、自宅にもみの木を使ったのですが。

仕事上と言いますかもみの木にはそこそこ長年お付き合いしてるので、お客様との打ち合わせと自分自身がもみの木の家に住んでみた感覚が重なります。

私の場合は長年薦めてて今頃使ってってご指摘は自分自身でも思っております。私の説明でご採用して頂いたお客様が正直、素晴らしい。私は非常に疑い深い性格で・・・フットワークが重いとも言いますが、起業したら使ってみよう・・・もみの木の家で私自身暮らしたいってところが大きくリフォームに着手しました。

結果、やっぱり、当然ですが暮らしてて凄く気持ちがいい。

前置きが長くなりましたが、梅雨。私は結構綺好きのちょいと潔癖症・・・以外に思われますが。

梅雨時期は寝具は湿気も多く不快、休みに雨が重なるとお布団を干せないストレスで行き場のない怒りも込み上げてきます。梅雨は余りにも憂鬱だデリケートな僕には。

もみの木を使ってみると室内の空気環境が一変、ジメジメじとじとしない本当にサラッとしてます。クローゼットの中の衣類も着心地が良い。寝具の湿気も気にならない、さらに床に掛け布団を広げておけばさらに上質の寝心地。普通床に寝具を広げるなんてプチ潔癖症を自認する人には抵抗しかない、けどもみの木なら出来ます。おススメです。

寝苦しい夏、寝具は夏のお日様でカラッと乾きますが、熱帯夜は嫌なものです。クーラー付けて寝ますか?過冷房は寝起きがだるい気がします。私は就寝前にはクーラーは消して、扇風機のタイマーで就寝。寝てしまえば起きない体質なので、真夏でも掛け布団が無いと寝れないタイプ。

もみの木の家に暮らすようになってからはどう変化したでしょう?。まず大前提にもみの木に調湿効果があるので室内の湿度が下がります。ビニルクロスの様な石油製品は使ってませんので化学物質のストレスも無い綺麗な空気環境となります。以前暮らして部屋と違い湿度も快適、空気もさらっと綺麗、寝具も快適、扇風機のタイマーで十分快適に朝まで熟睡出来ます。

今回は睡眠についてのみクローズアップしてみましたが、日常生活の心地よさも別次元。もみの木の家の良さを知ったら他の家には住みたいって全く思いませんね、それがどんなに高価な家だとしても。

自分が本当にいい物だって思えるものを大切なお客様に提供出来るって幸せ、仕事してて楽しい。もみの木の家に出逢えて良かった。