ビニルクロスで本当にいいのでしょうか?

ビニルクロスって実は危険性も有害性も有るんです。我が国ではビニルクロスの使用率は90%以上だそうです。何故こんなに普及してるのでしょうか?。ズバリ、安くて工期も短く施工も比較的に簡単だからです。(簡単とは言え施工の上手い下手は出ます、職人さんの腕の違いで。)

ビニルクロスは通気性の無い商品がほとんど、昨今の高気密住宅では結露が問題となっております。湿気は菌やカビが増殖する原因となります、それらや害虫の死骸が蔓延する空気環境での呼吸は健全なものとは言えません。喘息やアレルギー、呼吸器系疾患の元凶となります。

もみの木の家は昔から、より良い空気環境の中でお客様が健康に生活できる家を提案しております。ビニルクロスの代わりに何を使うのかと言いますと、和紙や再生紙とウッドチップから出来るオガファーザーを標準としております。私の部屋は土佐和紙です。『ビニルクロス 害』と検索してみてください。様々な方が警鐘を鳴らされております。

見えないものは怖いです、でも必ず蓄積されています。家は人間の健康に間違いなく影響を与えます。 一生で一度の買い物、賢明なご判断を。