2019.ドイツ研修 プロローグ

今年もなんだかんだで行くこととなった、もみの木の家のドイツ研修。なんだかんだで行きたかったってのが本当のところではありますが、結果行って良かった♪今年も素晴らしい見聞を得られる研修となりました。

12月2日 15時10分延岡発の特急列車に乗車。これで行くと宮崎空港にて3時間待機となるのですが、万が一電車にトラブルがあればタクシーでも着かないと思い早めの乗車。トラブルも無く無事到着♪、羽田に8時着の為軽く夕食。おもてなし夢かぐらにて人生で2度目の冷や汁、名物のチキン南蛮も付いてて美味しい。しばらく和食はお預け・・・ドイツの食事に不満が全くない私はそれ程感慨深いって事も無いのですが。正直、冷や汁にも愛着は無い(笑)県南の食べ物だろうって認識。

冷や汁、旨い。そんな年頃になりました

早めの夕食を済ませて空港内をぶらぶらしてると地元の知人に遭遇。東京から帰ってきたとの事、乱気流で到着遅れて電車までの暇つぶしをしてるらしい。適当に話してバイバイ。

何、乱気流?揺れるのか飛行機・・・何、到着遅れてる・・・。早いけど出発ロビーへまだ1時間以上ある、暇すぎて本を購入。確かに遅れてるアナウンスが耳につく、1時間半以上も遅れてる便があるとの事。羽田でも余裕はあるけど少し焦る。私が乗る便は30分程度の遅れらしい、一安心。

搭乗、しばしのお別れ麗しの宮崎。さっき購入した本を開いてみる。世界史の謎を紐解くって内容の本、歴史は昔から好きだ。世界史の謎、始皇帝やらフランス革命やらクレオパトラとグルーバルに面白そう・・・3分の1くらい読む、結局紐解いてない、つまんない、読む気失う。後半は音楽聞きながら到着を待つ、Toshiは本当に歌が上手い。

25分遅れの出発が何故か変更前の到着時刻に羽田に着く、飛行機も飛ばすって事が出来る様だ。ただ、宮崎空港発は羽田のターミナルに着けてくれることは珍しい、特に今回は見たことも無い場所に降ろされる。国内線ターミナルまで10分そこから国際線まで10分、無事に到着。

健康な住まい造りの会のメンバーはすでに到着済み、合流します。当然飲んでます・・・1杯呑んでドコモと両替に戻ってまた呑みます。ほろ酔いで飛行機乗れば寝れるはず、去年は一睡もできなかったので今年こそは寝たい。

本日、まずは1杯

出国手続きを済ませ、寝酒にビール。ほろ酔い搭乗成功、眠い。0:50出国・・・横は、もみの木ハウス・新潟の山田社長♪知人、気楽だ。山田社長もなかなか寝れないらしい、仲間だ。まず、映画1本目『引っ越し大名』、面白い眠気が失せる。終わったので睡眠開始、うとうとしてると・・・去年みたいに貧血と脂汗。落ち着くが寝れない・・・映画2本目『アルキメデスの大戦』菅田将暉さんの作品はどれも面白いから好きだ。

映画タイム終了、寝れそうにもない。貧血・脂汗くらうくらいなら寝なくてもいいって気分、隣の山田さんは爆睡中・・・話が違う、熟睡中・・・お手洗い行きたい。まだ5時間以上、枕、アイマスク、耳栓して絶対安静状態。研修で毎回1番苦痛の時間、でも去年よりは遥かにまし、着いた先には夢のドイツが待っててくれてるから、それでもお辛い時間。

窓から地上の夜景を鑑賞、大きい街小さい街どれも綺麗。到着まで2時間窓からの地上観察。今年も寝れやしない、寝れずにフランクフルト空港へ無事到着♪寝なくても死にはしない、去年もそうだったから。機内で若干思ってたけど・・・世界史を紐解くって小説を羽田にて失ってた様だ、本を粗末にした罪悪感は拭えないが・・・まあいい、紐解けない小説なんて開いてる暇は無い、開こうって気もさらさら無い。今年ももみの木の家、ドイツ研修の始まりです✨