もみの木だから作れる脱衣室!

脱衣室は湿気も多く、水に濡れても大丈夫で掃除のし易い建材でとリクエスト頂く事が多いです。湿気がこもると床などの建材も傷みやすく、バスマットなどは非常に不衛生に感じられてのことだと思います。

その、湿気や雑菌が充満する脱衣室に、タオルや衣類を置きたいでしょうか?物干し竿を下げて室内干しとしたいでしょうか?。正直色々と無理があります。タオルは湿気も吸います、積み上げた下の方のタオルは雑菌も繁殖してるかも。

洗濯してそのまま脱衣室に干せば時短ですよ。確かに時短にはなりますが、生乾きや嫌な臭いもしそうです。

もみの木の家の脱衣室はまず床がもみの木、バスマットは敷かない絶対に。どうしてもって方にはもみの木のバスマットを使用してもらいます、最後の人はもみマットを壁に立て掛ける必要がありますが。

もみの木は湿気を吸います、抗菌・殺菌の効果もあるのでそのまま素足で上がってください。翌朝には綺麗に乾いてます、4歩くらい歩けば足の裏の濡れは無くなります。

壁・天井にももみの木を張ります。これで脱衣室内の湿気を吸収し、抗菌と殺菌で室内の空気も綺麗。タオルや着替えのストックだって安心して置けます。

床広げてても乾くって言ってた客様が

部屋干しももみの木なら安心。調湿・消臭効果でしっかりと無臭で仕上がります。

脱衣所だけはもみの木以外でって仰ってたお客様が、脱衣室こそもみの木を使うべきですねってなります。もみの木の家は使い方によってお客様を健康に出来る力をまだまだ秘めてるはず、自信を持ってお客様におススメしております。