ドイツ研修⑤ 4日目

ドイツ4日目もうそろそろ帰る日が迫ってました、その時はそんな事も気にせずドイツ満喫中♪。最初はドイツは田舎の風景が一番だなって思ってたけど、いやいや都会の歴史ある石造りの建築物群もなかなかです・・・大好きです♪。

4日目の朝もお決まりの朝散歩。ニュルンベルクのお堀沿いを歩き昨夜とは違う門から旧市街地へ。石の彫刻や噴水の様な場所を散策、雨不足なのか冬だからなのか水は無い。ちょっと朝早過ぎて結構暗い。そんな暗い中でも、特徴のある建物や天然の洞窟の様な所から入る地下鉄の入り口など見るもの全て楽しい。

朝散歩終わって朝食タイム。初めて通訳のまゆみさんと同席、ご両親が小林出身だとかで。それは関係ないと思うがこの方見てて楽しい。真面目な方なのか慌ててるのかマイペースなのか不思議な良い通訳さん、私が今から食べようと思ってるシュトーレンの不味さを語りだす😓そんなに言うほど不味くないし私は結構好きなお味。

外を観てるだけでうきうき

本日はローテンブルクを目指し出発。バスの移動時間も結構長かったけど、外を眺めてると不思議と眠くならない。好奇心旺盛は精神的にも素晴らしい物だと実感します。

ドイツでは木造の3階建ては当然で4階建てなどもざらに有ります。日本では建築基準法や地震大国って事もあるのかなかなか見かけません。私自身木造3階建ては作った事が無い。

ローテンブルクも城壁に囲まれた街です。中世の街並みがほぼ完璧な形で保存されてる。至福の街ブラタイムです。

街を散策しながらお土産を見て回ります。お腹は減ってませんがシュネーバルってお菓子を食べてみます。美味しいけど大きい、みんなでシェアします・・・でも食べきれない。

色とりどりの外壁や屋根ですが不思議と調和が保たれていて、歴史のある街の風格だから出来るものなのか。ついつい自国と比べてしまいます。この辺り建築士としての私も考えないとって思う部分です。

シュネーバルは美味しいけどもういいかな

ローテンブルクは一番日本人に会った場所かも知れません。日本からの観光客も大勢いらっしゃいました。

ここは夜はクリスマスマーケットで賑わう場所なのでしょう、日中も結構な人出です。拷問博物館があるそうで見学するって事になりましたが、そんな悪趣味な物にはこれっぽっちも興味が無いのでひとり街ブラ。ドイツはhallo・thank you・how much・sorryとちょっとのヒアリングが出来ればお買い物には困りません。いい国です。海外旅行するとスピードラーニング始めようかって気分になります。

ローテンブルクでの研修も終わり本日の宿泊地ヴュルツブルクへ。今回最後の宿泊地どんなクリスマスマーケットに出会えるのでしょう♪。

途中スーパーマーケットに寄りお土産などを買い足します。辛いポテトチップスを買ったつもりが辛くない・・・パプリカチップス・・・語学勉強は大切です(笑)。

ホテルに着き、街中へ。夕食まで3時間自由行動です。自由行動前に寄った聖キリアン大聖堂。最後の大聖堂で中に入ったんですが、今まで外から眺めるだけで何故中に入らなかったのかもの凄く後悔。天井画や彫刻どこを観てもため息が出るような美しさです、大聖堂は中に入るそして1時間くらいは座っとく、今回の教訓です。

中が凄かった、感激した

谷田貝先生に橋を観に行こうと誘われ行ってみると丘の上にそびえる要塞がマリエンベルク要塞です。ここで奇跡の1枚、何となく写真を撮ると川に要塞が写り込んでます。写真は構図や技術も大切ですがとにかく撮る事かな。

奇跡の1枚

この後、皆とはぐれる。夜の異国を一人散歩、あちこち観て回るが2時間で限界。やっぱり寂しいし何より石畳に冬山用のトレッキングブーツは足に来る💦。電話すると割と近くに居たみたいで合流、楽しくコーヒータイム♪。

皆さん、ここのもみの精油は素晴らしいって事で、私も便乗して購入。お店まで連れてってくれて無事購入、素晴らしい仲間に感謝。

この日は最終日って事で呑みました、酔いました。朝散歩しないって決めて飲んだせいか・・・写真が無い。僕の心のアルバムには残ってるけどね・・・僕が飲み過ぎたって事だけは(笑)