ドイツ研修① プロローグ

健康な住まい造りの会のでは毎年12月の上旬、内装材となる樅の木をドイツまで見学に出掛ける研修会を開催しております。九州の会では例年9月くらいから参加者の募集が始まります。研修が始まり早10年・・・私は未だに参加した事がありませんでした、当然誘っては頂けるのですが。うちは無理だろうと諦めておりました。

例会は勉強になり楽しいのですが、9月からのそこだけは若干憂鬱。ありがたいことに主催者のマルサ工業さんも気を遣って頂き、参加出来る方策をここ数年は提案して頂いておりました。本当に嬉しかったのですが、だからこそ自力で参加したいとの思いは年々強く思うようになってました。

去年起業に向けて動き出した時、必ず創業の年にもみの木を見に行こうと決めておりました。仕事が無くてもお金が無くてもとりあえず、もみの木に会いに行く。

毎年開催してはおりますのでほぼほぼの会員さんは研修済み。今年は新規4名の参加が条件との話もありましたがそこは個人的には全く心配しておりませんでした。新規加入の1月の総会から参加すると伝えておりました。

初海外なのでパスポートも準備して、毎月少しづつ準備します。風邪や体調不良で不参加など無い様、11月は飲み会のお誘いも丁重に断り。現場もお客様や業者さんに協力頂き、まるまる1週間の空白を作って貰い晴れてドイツへ♪。

平成12月2日12時羽田へ向けて宮崎空港発。私は飛行機が苦手です、羽田からフランクフルト空港までは飛行時間10時間・・・思いやられます(´Д`)。羽田に着き国際ターミナルに移動、乗客は私ひとり。初めての道、飛行機を眺めながら乗ってると世界各国の飛行機が目に入って来ます。海外行くんだな~って思いながら20分、国際ターミナルに到着。

ほどなくして鹿児島の皆さんと合流。お昼を食べ新潟の山田さんと合流。ドコモで海外利用の契約変更やらアプリの説明を受けます、先達者に教えて頂いて本当に助かりました。

出発は24時55分まだまだ時間はあります。皆さんと一緒に東京見学、20年ぶりくらいの原宿、到着すると丁度明治神宮閉館・・・。表参道の電飾が綺麗、竹下通りを散策。蒲田に戻り晩ご飯、今までのドイツ研修の話などで盛り上がり期待は膨らむばかり。ここでメンバーに同級生発見♪。

9時頃羽田に戻り、徐々に参加者が集まります。今回は総勢14名。顔見知りの人も多く楽しくわいわい搭乗前のひと時が過ぎていきます。今回の研修はドイツに午前5時頃に着く予定、搭乗後4時間は起きててその後寝るのがベストらしい。

ビールを飲みながら待ってると飛行時間は10時間では無く13時間らしい(´Д`)・・・時間は24時お酒も入ってるし眠い・・・飛行時間13時間(´Д`)。そうしてるうちに搭乗のアナウンス、13時間のロングフライトへ。

眠気覚ましに映画を観ます、関ヶ原。眠くて頭に入ってこない、イヤホン付けてるのに意識が飛びます。飛行機怖いし寝ちゃえって事で1時間もたたずにご就寝。

ここで第一アクシデント!襟で首が締まってたのか窒息しそうな感じで目覚めます。冷や汗止らない軽く貧血、通路にでも横になりたいくらい。時計を見るとまだ2時間も経ってない・・・最悪だ。高度1万メートル軽いパニック、落ち着けと言い聞かせます。

貧血は回復したものの眠れない、時間も経たない。丁度飛行の中盤くらい何か臭い、服で顔を覆ってしばらくして顔を出すとまだ臭い。隣はドイツの方だろうか私並に体格もいい、贔屓目で言えば私の方が痩せてる。気難しい顔だが優しい感じはする。

さすがに搭乗して10時間もすると睡魔がだが窓際って事もあり、寒い。おしりも痛い。時計とのにらめっこです。こりゃ寝れないなって半分諦め、ようやく到着20分前朦朧としながら窓から地上を見下ろすとドイツの夜景が目に入りました。

暖色系の電球色、外灯や建物の明かりが街並みの輪郭を形作り、色も統一されてて夢の国の様な感動的な美しさです。私は期待以上のいい国に行ってる様です。